騒音嫌がらせとの戦い

地域包括支援センターへ相談したけどどうにもならないからばーさんと直接話してみた

地域包括支援センター

2018年1月20日

以前、警察に相談した際に、こういったケースの相談先を教えてもらった。
警察署の生活安全課と、行政の地域包括支援センターだ。

まずは、地域包括支援センターを訪ねてみた。
アポなしだが、担当者(相談員?)の方がすぐに対応してくれた。

パーテーションで区切られた部屋に案内され、これまでの経過を話した。こういったトラブルはとても多いとのこと。

高齢のご夫婦だけで生活していると、どちらかが認知症になっても気付かないことがあるそうだ。

行動(嫌がらせ)が尋常ではないので、認知症の可能性もあるが、本人か家族からの相談がないと、地域包括支援センターからアプローチすることはできないとのこと。

じーさんばーさんをどうにかここに連れて来ないと、認知症かどうかも調べられないし、何の話もできないわけだ。

つまり、どうにもならないということ。

やはり娘とコンタクトとるしかないが、管理会社に頼んでも連絡とれないしな・・・どうにか解決策を考えよう。何か行動を起こさないと、このままじゃ精神的にまいって、こっちが頭おかしくなりそうだ。

ばーさん宅へ訪問してみた

行政の地域包括支援センターに相談に行った帰り、その勢いで下の家を訪ねた。

警察には、「年寄りとはいえ、危険だから接触しないように」と言われていたが、もう私が直接話をするしかない。

どうにかうまく話をして支援センターに行くように仕向けてみようと思った。

普通に訪ねて挨拶したら、ばーさんも普通に出てきて挨拶した。
あれだけ嫌がらせをしている人とは思えない「普通」の対応だ。やっぱおかしいよね。

ばーさん
ばーさん
あら、こんにちは!
私
天井から聞こえる音、どうですか?
まだ聞こえますか?大変ですよね?

同調して、ばーさんに寄り添うような感じで話をしてみた。

すると、ばーさんはいつもと同じ苦情を言い始める。

ばーさん
ばーさん
ブーバタンブーバタンって聞こえるのよーあの部屋のあの辺から聞こえるの。〇×△〇△××

長い。とにかく長い。そして同じことを何度も繰り返すが辛抱強く聞く。
そして、ひとしきり聞いて、ばーさんが一息ついたあたりで切り出した。

私
管理会社に相談して、ちゃんと調べてもらいませんか!

 

ばーさん
ばーさん
管理会社には言っても無駄です。ちゃんと調べてくれないから

あ~、そうだよね。あの仕事しない奴が調べるわけがない。今まで適当にあしらわれてたわけだよね。

ばーさん
ばーさん
とにかく上から音が聞こえてうるさいんです。どこに相談していいかわからないから、お宅に言うしかないんです。

ここぞとばかりに、先ほど地域包括センターでもらった、【相談窓口のご案内】のチラシを出した。

私
ご存知ですか?ここで色々相談できるそうですよ!
私
お困りで大変なようですけど、うちは本当に音を出していないので、何もできないんですよぉ・・・管理会社もだめでしたら行政の方に相談してみては?

ばーさん、チラシを受け取ったので、一通りセンターのことを説明した。
しばらくすると・・・

ばーさん
ばーさん
わかりました。もうわかりましたので。私ももう天井叩きませんので、すみません。
ご迷惑をおかけしました。

何度も頭をさげて謝った。

え?まじ?これで解決?

な訳がない・・・

帰宅した直後、ばーさんがまた天井を叩き始めた。

謝ったのは嘘かよ!それとも、もう謝ったこと忘れたのか??