騒音嫌がらせとの戦い

ばーさんが再び謝ったが・・・

謝罪

2018年2月5日

仕事帰り、家にいる夫からメールがきた。
下のばーさん、今日は夕方頃からゴンゴンゴンゴン天井たたきがひどいらしい。

先日、ばーさんと直接話をして謝られたが、その後も毎日嫌がらせが続いている。行政に相談してもどうにもならない。直接話しても無駄。どうしたらいいのか・・・
もうすぐ子供の大学入試。本当にどうにかしたい。

よし、もう1回話をしてみよう。とりあえず普通に話しはできる人だから、どうにかなるかもしれないと思い、まっすぐ帰宅せずにばーさんちへ向かった。

ピンポーン。チャイムを鳴らすと普通にばーさんが出てきて、普通に挨拶をした。この前謝ってもうやらないと言っておきながらガンガンやってるくせに、悪びれた様子は一切ない。

私が仕事帰りだというと驚いていた。専業主婦と思ってたらしい。
一日中家にいてはたおり機の音を出していると思ってたようだ。

はたおり機の音が聞こえる場所が度々変わる。きっと小さい機械で、持ち運んで色々な場所でやっているんだ。など、色々言い始めた。

じーさんは、毎日酒飲んで別室で早く寝るから音のことを知らないとか、娘には相談したくないとか・・・
ばーさんの一通り喋って落ち着くまで、話を聞く。とにかく聞く・・・

そして、タイミングを見計らい・・・

私
今度はたおり機の音がしたら、知らせてもらえますか?
私にも聞かせてください!
私
この前渡したチラシのセンターに相談に行きましょう!
1人で行きづらかったら、私お供しますので。

世間話やばーさんのよくわかんない愚痴を聞きながら、「お困りごとを一緒に解決しましょう!協力します!」という感じで話をしてみたのだ。

うちは昼間仕事や学校で誰も家にはいないという話をした途端(以前から何度も言ってるけど覚えられないようなんで)

ばーさん
ばーさん
本当にご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。
もう天井叩きませんから

深々と頭を下げる。

ばーさん
ばーさん
本当に、もうやりませんから、すみませんでした。

なげやりに言ってる様子ではない。申し訳なさそうな顔を何度も頭を下げる。

色々話を聞いてあげたり、世間話もしたせいか、「〇〇さんと、もっと早くお話したら良かったわー」なんて言う。
いやいや、そんな親しくなりたくねーし。

今度こそ本当にやめるのかな?半信半疑で帰宅する。

が、すぐに天井をガンガン叩き始めた。

やはり無駄だったようだ・・・

 

よろしければ、こちらも是非ご覧ください。

honninsoshou.hatenablog.jp